車の買い取りの時下取り売却はどちらがお得?

自動車を手放す方法は主に2つあります。
新車購入時にディーラーに下取りをしてもらう方法が1つです。
もう1つは、中古車買い取り専門店に売却する方法になります。
その他にも友人や知人に直接売ったり、オークションに出品して落札者を探したりする方法もありますが、
現実的ではありません。

専門的な知識も経験も無い一般人が自動車を手放すとなると、
下取りか売却になるかと思います。
そこで今回は、下取りと売却のどちらが有利なのか考えてみたいと思います。

金額で考えれば売却が有利

結論から先に言いますが、
単純に金額の問題で言えば、中古車買い取り専門店に売却をした方が有利になります。

中古車買い取り専門店にとって、
顧客から中古車を買い取るという作業は仕入れに相当します。
買い取り専門店は自社で自動車を作っているわけではありません。
中古車を引っ張ってきて転売しなければ、ビジネスが立ち行かなくなるのです。

だからこそ、愛車の売却を希望する人にも、交渉の余地が生まれます。
買い取り店は中古車を確保しなければ立ち行かないという弱みを逆手にとって、
値段交渉が可能になるのです。

その点、ディーラーの下取りは意味が違ってきます。
ディーラーは中古車の転売ではなく、新車の販売を目的にしています。
中古車の下取りは、新車を買わせる口実に過ぎません。
新車購入の負担が減ったという錯覚を起せればそれでいいので、
大きく下取りをしたと見せかけて他の割引を減らし、中古車買い取り専門店と比べて大きく損をさせられる恐れもあります。

ディーラーの下取り情報も、交渉には使える

ただ、ディーラーの下取りが意味無いかと言えば、違います。
下取りは下取りのメリットがありますし、
中古車買い取り店で売約する際にも、下取りの価格を知っておいた方が、
価格交渉で有利に立てる
ケースがあります。

「下取りも考えている」

と伝えれば、その分だけ買い取り店の側も違いを見せようと頑張ってくれます。

「下取りは、幾らで見積もりがありますか?」

と、買い取り専門店の担当者もダイレクトに聞いてくるはずです。
そのときに正確な情報を伝えないと交渉にならないので、下取りは下取りで事前に価格を聞いておくといいです。
特に人気の車種であれば、売上に直結するので、下取りとかなりの差を付けてくれます。

その一方で、買い取り店の査定額情報も、たくさん持っていた方が絶対に有利です。
一括見積もりサイトなどを利用して、できるだけたくさんの業者から見積もりを引っ張ってきてください。
下取り価格+複数の買い取り専門店の見積もりを持って交渉に挑めば、
20万円近い査定額アップも夢ではありません。